FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績が伸びない生徒の特徴~その3

ライラックの芽

塾の生徒面談である質問をすると、成績が伸びるか伸びないかがすぐにわかります。
それは、志望校はどこかという質問です。

志望校が明確で、行きたい理由もはっきりと答えられる生徒は、だいたい成績が伸びます。
どうしても受かりたいという強い希望、なにがなんでもその学校に行きたいという意思さえあれば、偏差値の10や20は簡単に上がるのです。
実際、ぼく自身がそうでした。
小学校3、4年生のころには、行きたい高校が決まっていましたね。
ぼくが高校1年生のときに学校の先生から聞いたのですが、うちの高校の志望理由で一番多いのは「小さいころから、ここしか意識したことがなかった」とのこと。
当時のぼくは、「たしかにそうだよなぁ」と納得したものです。

それに対して、成績が伸びない生徒は、みんな志望校がありません。
なかには地元にどんな高校があるのかさえ知らない生徒もいます。
自分の将来のことなど、考えたこともないのでしょう。
つまり、勉強に目的を持っていないのです。

塾講師のぼくがいうのもなんですが、勉強が好きで好きでたまらない、なんて子どもはほとんどいないと思います。
そもそも勉強なんて、好きか嫌いかで判断するものではないでしょう。
勉強はつらく、苦しく、過酷なもの。
できることなら逃げ出したい、と誰もが思ったことがあるのでは?

しかし、あきらめたり、逃げ出したりしたら、そこで終わり。
だから、大きな目的や強い動機が必要なのです。

6月に開校予定の塾では、早い時期から志望校を見つけさせ、目的を持った勉強をさせていきたいと考えています。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。