FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績が伸びない生徒の特徴~その2

study

ぼくが塾講師を始めたころ、まず驚いたのは“世の中には、こんなに勉強が苦手な子がいるんだ”ということ。
そりゃあ、ちょっとやそっとできない程度なら、そんなに驚きはしません。
でも、中1の定期テストで5教科合計が50点にも満たないなんて、とても信じられませんでした。
思わず口から出た言葉は、「キミはパンチが効いてるね」
その子はヘラヘラと笑って言いました。
「でも、学年でビリじゃないよ」と――。
  まだ下にいるんかい‼ Σ(゚д゚|||)

こんな子はひとりやふたりではありません。
つまり、特別ではないのです。

では、なぜこんなにも勉強が苦手になってしまったのでしょうか?
勉強しないから(当然です)。
勉強が嫌いだから(ほとんどの生徒がそうです)。
そもそも頭が悪いから(そんなことはありません!)。

そういうことではないのです。
ぼくもいろいろと考えました。
で、答えはすぐに見つかりました。
勉強の仕方が悪いのです。
それはもう悪いなんてものではありません。
ひどい、ひどすぎるのです。

塾で宿題を見せてもらったり、学校のワークを見せてもらったりすれば、こういう子たちの共通点にすぐ気づきます。
答え合わせをいっさいしない
投げっぱなしジャーマン(プロレス技です^^)ならぬ“やりっぱなし問題集”。
丸つけされていない宿題やワークを見て、ぼくがいつも言うのは、「これじゃあ、まったく勉強していないのと一緒だよ」。
こう言うと、生徒はだいたい唖然とした顔をします。

勉強とは、始める前よりひとつでもいいから新しい知識を得ること、1問でもいいから問題を解けるようになること――ぼくはそう認識してきました。
問題を解くという行為は、すでに持っている知識をアウトプットしているだけです。
それは勉強とはいえません。
答え合わせをして、間違えた問題を解けるようにする――そこまでやって、初めて勉強したといえるのです。

しかし、勉強が苦手な子は、問題を解き終えただけで、勉強した気になってしまいます。
何度言っても、宿題の丸つけすらしてきません。
問題集についている解答(解説)の重要性に、いつまでたっても気づかないのです。

だから、塾に問題集は持ってくるのに、解答は家に忘れてきます。
問題集の解答を失くしたって平気です。
解答のない問題集には価値がないということから教えて、ようやく勉強のスタートラインに立てます。

学校の先生は、こういうことは教えないのでしょうか?
いや、教えたとしても、できるようになるまで面倒を見ることはできないのでしょう。
子どもにこうした基本的な勉強の仕方を教えるのは、お母さん方の仕事かもしれませんね。
もちろん、塾でも教えていますよ。
でも、小学校低学年ぐらいから習慣づけしなければ、なかなかできるようにはなりませんから。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。