FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語の点数を公立トップ校合格ラインまで上げる方法

飛躍するビジネスマン

国語の定期テストでは高得点がとれるのに、実力テストでは点数が伸びない、という受験生は多いと思います。
定期テストでは、学校の授業でやったことや学校のワークから出題されることが多いわけですから、いい点がとれて当たり前。
しかし、実力テストでは、ダイレクトに国語力が問われます。
つまり、国語の勉強をちゃんとやらないと、点数は伸びないのです。

よく「国語はセンスで決まる」なんていいますが、絶対にそんなことはありません。
正しい勉強をすれば、必ず成績につながってきます。
実際、ぼくがそうでしたから、間違いありません。

では、どのような勉強をすればよいのでしょう。
まずは、公立高校入試の国語を分野別に分けてみます。

・長文読解(説明的文章・文学的文章)
・古典(古文・漢文)
・俳句・短歌
・語句(漢字・熟語・慣用句・ことわざ・故事成語)
・文法(品詞・文節・敬語)
・作文


大きく分けると、このようになりますね。
これらの中で、語句と文法は覚えるだけですので、早めにクリアしてしまいましょう。
このあたりで点数を落とすようでは、トップ校に合格できません。
暗記と問題演習を繰り返し、完璧にしておく必要があります。

次は作文。
高校入試の作文の書き方は、このブログでも紹介しています。
トップ校を目指す受験生のための作文講座~その1
トップ校を目指す受験生のための作文講座~その2
トップ校を目指す受験生のための作文講座~その3
トップ校を目指す受験生のための作文講座~その4
このとおりに練習をすれば、すぐに作文で満点をとれるようになります。

その次は、古典と俳句・短歌です。
俳句・短歌は出題されない場合も多いので、勉強にそれほど時間はかけられません。
技法を確認する程度で十分です。
古典のうち漢文も、出題されるケースは稀。
レ点や一二点などの返り点をマスターして、読めるようにしておくだけで大丈夫でしょう。

しかし、古文はしっかりやっておく必要があります。
といっても、公立高校入試の場合、難関私立校で出題されるような難問は出ません。
歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに直せて、内容を把握できるようにすれば、問題ないはずです。
これも、問題演習を繰り返すことで、すぐにできるようになります。

最後は、長文読解ですね。
今回のブログの本題はここから。

国語の長文読解というと、なんとなく解いて、なんとなくできている(部分点をもらっている)という人が多いのではないでしょうか。
しかし、それではトップ校の合格ラインには届きません。
長文読解であっても、自信をもって解答し、確実に得点を稼ぐ必要があるのです。

例えば、「~について50字以内で答えなさい」という記述問題。
いつも部分点しかもらえないという人は、記述問題に対する考え方が間違っているといえます。

まず、記述問題の答えはひとつではない、と思っている人は、その考えからあらためましょう。
記述問題でも、正答はひとつしかありません。
それが模範解答。
この模範解答と同じものが書ければ、絶対に減点されることはないのです。

そして、間違った考えがもうひとつあります。
それは、模範解答と同じものなんて書けるわけがないと思うこと。
そもそも記述問題を解いたあと、模範解答をしっかり読んでいますか?
読んだとしても、「ふ~ん」と納得するだけではダメですよ。
模範解答を自分なりに分析する必要があるのです。

説明的文章の場合、模範解答は本文中から抜き出した語句を、ひとつの文章につなげたかたちで構成されています。
試しに記述問題の模範解答に使われている語句を本文中から探し出し、本文のほうに傍線を引いてみてください。
すべての語句が本文中に使われていて、しかもそれらは1~2段落の中に集中していることがわかると思います。
つまり、設問の解答となりそうな段落を見つけ出し、必要な語句を選んで並び替えれば、模範解答と同じものができてしまうのです。
あとは、語句をつなげて文章をつくる練習をするだけ。
根気よく練習すれば、誰でも模範解答と同じものが書けるようになります。

しかも、この練習をやっていると、文章力がかくだんにアップしてきます。
ぼくもこの練習のおかげで、編集者に必要な読解力とライターに必要な文章力の基礎ができた、と今でも思っています。

文学的文章の場合は、登場人物の心情を描写や台詞から読み取らなければいけません。
なぜなら、小説家は「うれしい」や「悲しい」といった登場人物の気持ちを、そのまま書くことがほとんどないから。
心情は、風景や人物の描写、または台詞で表現します。
それが小説のルールであるということは、中学生でも知っておいたほうがいいでしょう。
ぼくたち読者は、描写や台詞から登場人物の心の中をイメージして楽しむわけですね。

よって、文学的文章では、登場人物の心情、さらにはその変化に着目して読み進める必要があります。
国語の試験に出題される小説は、わざわざそういうシーンが選ばれているわけですね。
つまり、登場人物の心情、さらにはその変化がうかがえる部分が設問の答え。
出題者の意図は、極めて明確といえます。
文学的文章であっても模範解答をしっかりと分析して、確実に正答を見つける訓練をしましょう。

公立トップ校を目指せるぐらいの学力があれば、模範解答と同じものは絶対に書けるようになります。
ぼく自身もそうでしたし、ぼくが教えた生徒もすぐにできるようになりました。
実際にやってみると、意外と簡単にできることがわかりますよ。



にほんブログ村↑↑クリックをお願いいたします。


高校受験ランキング↑↑応援ありがとうございます。

バナー234_60
浦和ゼミナール 武蔵浦和校


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。