FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績を上げるには問題集を何回解くべきか?

問題集を解く

同じ問題を何回も解く必要ってあるのでしょうか?

ぼくは塾講師になる前まで、1回解けば十分だろ、と思っていました。
しかし、すぐにそれは大きな勘違いであることに気づきました。
何を勘違いしていたかというと、1回のカウントの仕方です。

個別指導塾に勤務していると、勉強が苦手な生徒と接する機会が多くなります。
そんな生徒たちに問題集をやらせてみると、とても一生懸命に問題を解くんですね。
偏差値50ぐらいの生徒なら問題を解くスピードもそれなりにありますから、どんどん問題集を進めていきます。
1ページ、2ページ、3ページ……と。

えっ!? キミたちはいつになったら答え合わせをするの?
生徒に聞いてみると、「ここまでやったら」とまだ4、5ページ先を指さします。
おいおい! 今解いている問題が合っているかどうか、気にならないのか!?

問題は、解いて、答え合わせをして、正解して、初めて「できた」ことになります。
問題を解いても正解できなければ、勉強をしたことにはなりません。
これを勉強度数なるもので表すなら、以下のようになるでしょう。

問題を解く……………………………………………勉強度数 0%
答え合わせをする……………………………………勉強度数 0%
間違えた問題の答えを赤ペンで書き写す …………勉強度数 5%


勉強が苦手な生徒は、この時点で勉強した“つもり”になってしまいます。
はっきりいって勉強といえる行為の5%しかやっていないわけですね。

ぼくが常識だと思っていた(中学3年生のとき実際にやっていた)問題集を使った勉強とは、以下のような一連の行動を指します。

問題を解く……………………………………………勉強度数 0%
1問解くたびに答え合わせをして確認する …………勉強度数 0%
間違えた問題の解説を読んで理解する……………勉強度数 30%
ここで覚えるべきものを完璧に覚える………………勉強度数 50%
自力で答えにたどりつけるか確認する ……………勉強度数 60%
自分で解説ができるか確認して理解を深める ……勉強度数 80%
テストに出た場合に解けるかシミュレートする………勉強度数 90%
翌日も解くことができるか確認する …………………勉強度数100%


ここで話を冒頭に戻しますが、この一連の行動をもってカウント1回としていました。
ですから、1回解けば十分だろ、と思っていたわけです。
この勘違いをあらためるなら、同じ問題を優に4、5回は解いていたことになるんですね。

では、冒頭の疑問に答えましょう。
同じ問題を何回も解く必要はあります。
もちろん、解けなかった問題だけで十分です。
そして、最低4、5回は解きましょう。
そうすれば、公立トップ校なんて簡単に入れます。



にほんブログ村


高校受験ランキング

バナー234_60
浦和ゼミナール 武蔵浦和校


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。