FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績が伸びない生徒の特徴~その1

ノートと鉛筆

塾講師をしていると、さまざまな生徒と出会います。
真面目な子、いつもふざけている子。
よくしゃべる子、まったく話さない子。
素直な子、頑固な子。

塾ですから、ほかの生徒の迷惑にならないかぎり、どんな子が来てもかまいません。
塾の使命として、生徒の成績さえ上がれば、それでいいと考えています。

しかし、塾に来たからといって、すべての生徒が成績を上げてくれるわけではありません。
入塾後、学校の定期テストですぐに結果を出す生徒もいれば、まったく変わらない生徒、なかには点数を大幅に下げてしまう生徒もいます。
成績が下がった生徒の親御さんからすれば、ぼくの教え方が悪い、ということになるのでしょう。
たしかにそのとおりかもしれません。
保護者面談のときに、そこを指摘されれば、素直に謝罪します。
その生徒に合った教え方ができなかったわけですから。
ただし、成績がほとんど変わらない、もしくは下がってしまう生徒は、改善に時間がかかることもたしかです。

そこで、みなさんに質問です。
最初に挙げた生徒のタイプ
「真面目な子」「いつもふざけている子」
「よくしゃべる子」「まったく話さない子」
「素直な子」「頑固な子」
この中で成績を伸ばすのにかなり苦労するタイプがひとつあります。
それはどんなタイプの子でしょうか?




答えは、「頑固な子」です。

成績がよくないのは、今までの勉強の仕方が悪いから。
そこを正すために入塾したはずなのに、頑固な生徒は、今までのやり方をいっこうに変える気がありません。

勉強の仕方さえ間違えなければ、いつもふざけていようが、人とコミュニケーションがとれなかろうが、成績はどんどん伸びます。
ですから、成績を上げるには、今までの自分を変えなければいけないのです。

その点、「素直な子」は、成績が飛躍的に伸びます。
定期テストの主要5教科で、入塾前より100点以上上げる子はいくらでもいます。
素直な子ほど、こちらが教えたことの吸収力が高いわけですから、当然の結果といえるでしょう。

成績を伸ばしたければ、素直になること。
それが第一の秘訣です。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。