FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来、絶対役に立つ読書感想文の書き方

図書館

いまだにあるんですよね。
夏休みの宿題で読書感想文――。

ぼくは、読書感想文が大嫌いです。
本を読んだ感想なんて、他人に発表してどうするんでしょう。
しかも、原稿用紙数枚にわたって書くなんて、本当にムダです。
面白かったなら「面白かった」のひとことで十分ではありませんか。

読んだ本がつまらなかったら、「つまらなかった」と作文に書かせるのですか。
世の中、面白い本ばかりではありませんよ。
逆に、つまらなかったという感想文のほうが文章力が必要なので、むずかしいですけどね。

そもそも、学校では読書感想文の書き方なんて教えないくせに、宿題で書かせるとはどういうことなのでしょうか。
学校で教えてくれたなら、ぼくも喜んで教えられたとおりに書いたでしょう。
だって、授業の成果を教師に見せることは、必要なことだと納得できるから。
しかし、教えもしないことを宿題に出すなんて、理不尽極まりないですよね。

この読書感想文があったおかげで、大好きな夏休みが憂鬱になったものです。
だからといって、提出しないわけにもいきません(子どもは基本マジメですから)。
なので、ぼくはいつも読書感想文には本の「あらすじ」だけ書く、と決めていました。
感想なんてひとことも入れません。
課題図書を読んでも、面白いなんて思ったことは、一度たりともなかったからです。
あらすじを書いて、「こんな本でした」で終わり。
それで十分だと思います。

しかも、この「あらすじを書く」という行為が、将来とても役に立つのです。
あらすじを書くには文章を要約して、決められた紙数に収めなければいけません。
当然ながら、読解力と文章力が身につきます。
結果として、国語のテストでいい点が取れるようになります。

ぼくの場合はこのおかげで、何年にもわたって雑誌に書評を書きつづけることができました。
もちろん、書評で原稿料をもらい職業としていたのですから、社会人になっても非常に役に立ったのです。

ただし、ぼくが書いていたようなあらすじだけの読書感想文なんて、学校の先生にはまったく評価されません。
そこは覚悟しておいてください。
でも、あらすじだけの読書感想文は、将来本当に役立ちます。

それでも、学校の先生に読書感想文で評価されたいのであれば、書き方を紹介したサイトがネット上にいくらでも転がっています。
ワークシートのようなものも、たくさんあります。
なかには、「これをコピペしなさい!」なんてサイトだってあります。
そういうものをいくらでも活用して、無意味で立派な読書感想文を書いてください。

最後に学校の先生がこのブログを読んでくれたなら提案します。
もう宿題で読書感想文を書かせることなんてやめて、本の要約をやらせたらどうでしょうか。



にほんブログ村


高校受験ランキング

バナー234_60
浦和ゼミナール 武蔵浦和校


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。