FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップ校を目指す受験生のための作文講座~その1

作文用紙

埼玉県公立高校入試において、トップ校(それに準ずる上位校も同様)を目指すのであれば、国語の条件作文は8分間で書けるようにならなければいけません。
8分間というと、とても短いように感じるかもしれませんが、これは絶対条件です。

では、なぜ8分間で書かなければいけないのでしょうか。
まずは、その理由から。

埼玉県公立高校入試「国語」の構成
 大問1 長文読解(文学的文章)
 大問2 漢字と言葉の知識
 大問3 長文読解(説明的文章)
 大問4 古典
 大問5 条件作文

受験生は、これを50分で解かなければいけません。
2つの長文読解にそれぞれ15分ずつ割り当てると、残りは20分。
漢字と言葉の知識、古典に各5分ずつとるなら、条件作文に10分は使えることになります。
しかし、全体の見直し時間に2分は欲しいため、条件作文は8分で書く必要があるのです。

とくに国語の試験は5科目のうち最初に行われるため、ここで失敗するとあとの科目に響きます。
余裕をもって終わらせることが望ましいと言えるでしょう。

まあ、建前上の理由は、こんなところです。

では、本音を言いましょう。

国語の試験は50分で100点満点です(ほかの科目も同じですが)。
つまり、1分間に2点ずつとれば、100点になります。
そして、条件作文は16点満点ですから、もう言いたいことはわかりますよね。

条件作文ぐらい8分間で書けないようでは、効率が悪すぎるて話にならないのです。
とてもトップ校に受かるような点数には届きません。
ですから、どのような条件作文でも、8分間で書けるように練習する必要があるのです。

とはいっても、条件作文の練習にそれほど時間はかけられないので、作文のコツをみなさんに教えましょう。
コツさえつかめば、誰でも簡単に8分間で16点がとれます。

しかし、もう書いている時間がなくなってきたので、続きはまた次回。



にほんブログ村


高校受験ランキング

バナー234_60
浦和ゼミナール 武蔵浦和校


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。