FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生とスマホの続き

影絵

大人になっても中学生時代の友人と仲よくしている人って、世の中にどれぐらいいるのでしょうか。
ちなみに、ぼくには、当時から付き合いのある友人はひとりもいません。
同じ高校に行った人は別ですが、中学の同級生とは、高校入学と同時にまったく付き合いがなくなりました。

高校に行けば、中学のときとはまったく異なる生活が始まります。
勉強は格段にむずかしくなり、部活や学校行事で多忙にもなります。
中学の同級生は近所に住んでいますが、会う機会なんていっさいありませんでした。
友だち付き合いは、自然と高校の友人だけになっていきます。

で、ここからが本題。
親御さんが中学生の子にスマホを買い与える理由の上位には、「周りの友だちが持っているから」というのがあります。
同級生が持っているからといって、なぜ自分の子どもにスマホを買い与える必要があるのでしょうか?

自分の子どもだけ持っていないのはかわいそうだから?
友だちから仲間はずれにされたらかわいそうだから?
いやいや、それってたんに親御さんの見栄なのではありませんか。
そんなことよりも、スマホを買い与えたことによって、お子さんが受験に失敗するほうが、よっぽどかわいそうだと思うのですが……。

先日も書いたとおり、スマホを持っている中学生は、9割がた受験に失敗します。
塾講師の経験上、これは絶対に間違いありません。
毎晩、遅くまで友だちとLINEをしていて、志望校を2ランクも3ランクも落とした生徒をいやになるほど見てきました。

中学生ぐらいの年齢で自制が利く子どもなんて、ほんのひと握りしかいません。
自分の受験よりも友人関係のほうが大事だと思っている生徒って、意外と多いんですよ。
高校に行けば、中学の同級生との付き合いなんて、自然となくなってしまうのに。

私の子どもは大丈夫、なんて思っていたら大間違い。
親子そろって後悔するだけです。

子どもに少しでも上位の高校へ行ってほしいと思うのなら、スマホだけは買い与えないことです。
これこそが、保護者の方が受験生にしてあげられる最高のサポートである、と自信を持って言えます。



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。