FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾には通わずに成績を上げる方法~その2

教室

昨日も書いたとおり、ぼくは勉強が大きらいです。
家で勉強するなんて、まっぴら御免でした。
だからといって、成績を下げるつもりもまったくありません。
では、どうしていたかというと、学校の授業をふつうに受けていました
ただそれだけです。

といっても、みなさんが思っているような“ふつう”とは少し違うかもしれません。

授業を受けるときは、つねに最前列。
席替えでうしろの席になってしまったら、「黒板が見えません」と言って、前のほうの席に意地でも替えてもらっていました。

当時、ぼくの視力は左右とも1.5でしたので、実際は黒板が見えなかったわけではありません。
うしろのほうの席では、話しかけてくる人がいて、授業に集中できなかったからです。

家ではまったく勉強をしないぼくにとって、成績を下げないためには、授業が生命線。
授業で教わった内容は、その場で完璧に理解すること。
わからないところは、その場ですぐに質問すること。
この2点がとても重要になってきます。

授業内容を理解して忘れないようにするには、教師の話をしっかり聞くことが大切です。
教科書があるので、ノートはメモ書き程度で十分。
カラーペンを使って板書をきれいに写している生徒がよくいますが、そんなことをしていたら、ポイントを聞き逃してしまうかもしれません。
手にはシャーペン1本あればいいのです。
授業に集中していたら、カラーペンに持ち替えている暇なんてないのですから。

そして、わからないところがあれば、すぐに質問です。
そのためにも、最前列の席にいることが必須。
うしろの席から大声で質問するとなると躊躇してしまいますが、教師が目の前にいれば小声でボソッと話ができます。
ぼくの場合は、質問をするというよりも、「これは○○ということですか?」と確認をしていました。
どんなに些細なことでも、授業中に質問をされて気分を害する教師はいませんから、気兼ねなく話しかけても大丈夫です。(^-^)/

こんなことを繰り返していると、今度は教師のほうから「理解できているか?」とぼくに確認してくるようになります。
つまり、教師とつねにコミュニケーションをとりながら、授業を進めることができるのです。

ぼくは中学生時代に、こんな授業の受け方をしていたので、家ではきらいな勉強をしなくて済みました。
もちろん、塾にも通っていません。
それでも、テストで高得点が取れるようになったのです。
さらに、授業での積極性が買われて、内申点も上がります。
まさに一石二鳥ですね。

ですから、塾では生徒に「学校の授業を大切にしろ」とつねづね言っています。
そして、ぼくのこうした体験談も話すのですが、「そんなことはさすがにできない」と却下されてしまいます。○| ̄|_
そんなに難しいことではないと思うのですが……。



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。