FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立高校入試で満点をねらいにいくべき教科

ハンサムな外国人

埼玉県の公立トップ校(浦和高校、浦和第一女子高校、大宮高校)に合格するには、入試本番で何点ぐらいとればいいと思いますか?
内申点はとりあえず42ぐらいあるとして、以前であれば420点前後(500点満点中)が相場といったところでしょう。
しかし、昨年度から学校選択問題が実施されたことにより、ボーダーラインはかなり下がったと予想されます。
ぼく個人の感覚でいうと、400点行くか行かないか――あくまでも個人の見解ですが……。

5教科合計400点というと1教科平均80点ですから、ハードルはかなり低いと思われるかもしれません。
公立トップ校をねらうような生徒は、学校の定期テストならつねに460点以上、北辰テストでも410点以上は確実にとれているでしょうから。

しかし、昨年度の学校選択問題を見ると数学の難易度がかなり上がり、60点もとれればいいほうではないかと思われます。
この数学で80点以上とれるような天才肌は、受験生の中にいても数人。
そんな人を相手にしてはいけません。
50点台でもかまわない――数学はそんな勉強をするべきです(それでも、50点は確実にとれるようにしましょう)。

では、数学で50点とるとして、残りの350点はどうしますか?
4教科で割ると1教科87.5点。
いっきにハードルが上がりましたね。

そこで、学校選択問題のもう1教科、英語についても考えてみます。
学校選択問題になって難易度はもちろん上がりましたが、長文がちょっと長くなり、英作文がむずかしくなった程度。
数学ほどの変化はありません。
ボーダーラインを引き下げたとしても、おそらく5点ほどでしょう。
最悪でも80点はとらなければならない問題です。

数学が50点、英語が80点だとすると、国語、社会、理科の3教科で270点。
1教科90点となり、ハードルがさらに上がりました。

それでは、キミは国語で90点がとれますか?
これもなかなか厳しいですよね。
がんばって85点、ヘタしたら80点ぐらいしかとれないかもしれません。

すると、社会と理科で190点、1教科95点が必須となります。
国語80点、数学50点、社会95点、理科95点、英語80点でようやく400点。
しかも、400点はボーダーラインですから、合格できるとは限りません。
ですから、各教科+5点を目標にして、確実に合格できる425点をねらわなければいけないのです。

これで表題の意味がわかりましたね。
公立高校入試で満点をねらいにいく教科は社会理科です。

もちろん、数学が得意で80点以上はいける、英語なんて楽勝だから満点とれる、という人もいるでしょう。
それはそれで大きなアドバンテージですから、公立トップ校なんて簡単に合格できるかもしれません。
しかし、ぼくのような得意科目すらない凡人が、もしも今年受験生であるなら、絶対に社会と理科で満点をねらう勉強をします。
それ以外に公立トップ校に合格できる方法はないといってもいいほどです。

とにかく、凡人を自覚するなら、社会と理科で満点をねらえ!!
そうすれば、公立トップ校合格はすぐ目の前です。



にほんブログ村↑↑クリックをお願いいたします。


高校受験ランキング↑↑応援ありがとうございます。

バナー234_60
浦和ゼミナール 武蔵浦和校


スポンサーサイト
プロフィール

urazemi

Author:urazemi
現在、埼玉県で塾講師をしております。2017年6月に個別指導塾を新規開校しました。埼玉県の公立高校入試対策には独自のノウハウがありますので、少しずつですができるだけ公開していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア

浦和ゼミナール

にほんブログ村
高校受験ランキング
永田式英語長文直読直解法
最新コメント
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。